不整脈の鍼治療 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の心臓病治療についてお話いたします。

不整脈期外収縮治療法の完成です。

鍼治療では二千年の昔から、心臓の気が通る「心経」は使ってはいけない、いじってはいけないという戒めがありました。 昨今はこんなことも知らずに治療してしまう、鍼灸師もどきもでてきたそうですが。 この理由なぜ?を解き明かし、3年前の韓国韓日高麗手…

動画をアップしました

ユーチューブに動画をアップしましたので、是非ご覧ください。 「パーキンソン病治療」 8年ほど治療を模索し、とうとうその結論が出ました。 「脳溢血脳梗塞後遺症の治療」 こちらは自分の脳溢血後遺症治療を、なぜ治すことが出来たのか動画でお話していま…

 心臓病のディメンション治療 

本格的に左室肥大まで治療しようと、ここのところトライ&エラーを繰り返しています。 本日は2か所改善点がありましたので、報告いたします。 心電図の波形は、PQRSTが重要になりますが、その間の平たんなところも、乱れてはいけません。 そこが小刻み…

心臓病の治療法をユーチューブにアップロードいたしました。

不整脈や心房細動などは、現代の医学でも完璧にコントロールする術はありません。 むしろ薬や手術によって、さらに疾患を抱えることになってしまうこともあるようです。 手のひら先生の高麗手指鍼では、手のひらの中に鍼を刺すことにより、心臓の治療が行え…

思わない効果で不整脈が治る

腰の手術を行った後、7年ほど苦しんでいた方が治療に来られています。 そのくらい経過していると脳が腰痛の記憶を消さないと、なかなか苦痛から抜けられません。 さて治療は20回ほど経過しています。 その患者さんが来られてこういいました。 先日会社の…

心臓病の鍼治療 心房細動と脳梗塞

私が治療に参考としている、中外医学社刊「臨床神経科学 Clinical Neuroscience」2012年12月号の記事です。 「心原性脳塞栓症と心房細動」というトピックがありました。 心原性というのは心臓が原因ということです。 塞栓というのは栓をしてふさぐとい…

心臓病の鍼治療 心房細動について

不整脈の中に心房細動があり、これはその中でも怖いものとされています。 洞結節と言うところから信号が出て、心房心室が規則正しく収縮弛緩を繰り返すのが、ばらばらになって統率がとれなくなるものです。 コントロール不能になって死に至るのがこの病気で…

心臓病の鍼治療 パーキンソン病と心臓の関係

パーキンソン病と心臓の働きを関連付けて解説したものは、過去にはなかったはずです。パーキンソン病は原因不明なので、結果として脳神経がどのように破壊されているか、結果論しか見当たりません。したがって薬はあるものの根本治療はできません。動作緩慢…

心臓病の治療 不整脈の原因

不整脈はなぜ起こるのでしょうか?不整脈は心臓に過度の負荷がかかることで起こります。それはたとえば高血圧になって、常時多くの血液を体に送り出さなければならないとき、心臓には過度の負担がかかります。肺に異常があってスムーズに血液を送れないと、…

心臓病の治療 認知症の原因 その2

認知症発生の原因推定に、心臓の各部屋のバランスが崩れたことを提起しました。心電図にはどのように現れるか分かりませんが、鍼灸師は脈診と言う技術があり、それで診察診断することになっています。すると古代中国では言葉で表現するような様々な形の脈が…

心臓病の治療 認知症の原因

認知症は脳の委縮など様々な原因が考えられます。しかし現代の医学でも脳神経は少なくとも120年の寿命はあるとされています。東洋医学の古典でも黄帝と岐白と言う主治医の問答の中で、昔の人は200歳も生きたのに今は早死にするものが多いのはなぜかというと…

心臓病の鍼治療  突然死の原因を推計する

甥の嫁さんの治療をしました。運動不足子育てのストレスなどで、一過性のパニック障害とされました。呼吸が出来なくなった過換気症候群です。そのほか原因不明ののどの痛みなど、3回目でしたがほぼ完治でしょう。さて彼女は体育大学を卒業しています。陸上…

心臓疾患 原因と治療  心虚について

東洋医学では心臓がっ弱たことを「心虚」と呼びます。東洋医学では臓器を主君と家来の関係にたとえ、心臓は君主とされています。君主の心臓がが悪くなったら、人間は死んでしまうのだから、心臓は治療をしてはならない臓器とされてきました。では弱った心臓…

心臓病の鍼治療 医者に行ってきました

降圧剤はもう8分の1で足りるので服用しなくても良いのですが、定期健診みたいに見てもらいに行ってきました。主治医または係りつけの医者は、なんでも話せるところがいい。もしいままでの医者に言っていたら今のような、あと少しで完治するところまでは来…

心臓病の鍼治療 心電図が正常に

9月に心電図が乱れていたのに驚いて、治療に専念していました。ここ2,3週間で腎臓の気の調整を行った成果も加わって、動悸もなく残っていた違和感も消失したいました。血圧も安定、何より半分ほど服用していた降圧剤も、オーリングテストで検査しても必…

心臓疾患の鍼治療 きれいな心電図をアップロード

前回までの心電図はオムロン携帯心電計 HCG-901の本体を直接身体に当てて計測したものです。医師の診断を受けて波形が乱れすぎているのは心臓の乱れではなく、ノイズがなすものだと理解しました。本日は付属の心電リード線をつけて計測しました。今ま…

心臓病の鍼治療 検査を受けて

1昨日定期健診を受けました。携帯心電計の結果を持って医師を尋ねました。それをみて医師が難しい顔をして「心電図をとりましょう」といいました。結果何でもなく2ヶ月前とったものと特に大きな変化はありませんでした。これは携帯心電計では機能からどうし…

心臓病の鍼治療 10月7日の心電図

会長が著した「高麗手指鍼講座」には高麗手指鍼では、心臓病を治せないとありました。心臓の4つの部屋の調整を続けていますが、心電図の形が徐々に変化しています。最近は毎週1回の検査をしていましたが、昨夜は刺激強度を変えてみようと思いつき、早速実行…

心臓病の鍼治療 10月6日の心電図

昨日は歩いて買い物に行きました。今朝計測すると全体の図にバラつきががありますが、いくつかの改善されたところが出てきました。駅までと近かったのですがその2日前に墓参りをしたこともあり、久しぶりに身体を動かした疲れが図に表れたのでしょう。山が…

臓病の鍼治療 9月15日の心電図

山になっているR波は高いのですが、谷のS波は8ミリと浅くなっています。まだ全体の波がギザギザになっているのが気になります。しかしこの効果はすばらしいもので、突然力が湧いてくるように掃除をしました。疲れきっていると何が億劫になるかというと、…

心臓病の鍼治療 5 9月2日の心電図から

リハビリ・サイクリングは止めてひたすら身体を休めた結果、波形が大きく波を打つことはなくなりました。正常な心電図は最初に小山があって、次に大きな山が出ます。それが底辺で止まるか少し谷を作り戻り、少し平らになって凹んでといった具合で進んでゆき…

心臓病の鍼治療 その4 身体の疲れは心臓の疲れ

朝早く起きて自転車に乗ってサイクリングに出発です。夏の朝はさわやかで病み付きになりますね。かなり自転車がブームになっているのか、それもヘルメットやサングラスで分からなかったのですが、首のしわから測ると5,60代が意外と多そうでした。難関の…

心臓病の鍼治療 その3

相当なストレスを掛け続けた結果脳溢血を発症して、早4年を経過しようとするので、そろそろリハビリと思いサイクリングを選びました。長年心臓に負担を掛ていたのは分かっていたのですが、なぜか心臓そのものと向き合うことに臆病になっていたのかもしれま…

心臓病を治療する 不整脈

心電計で計測して置いたのですが、機械に不慣れだったことパソコンに取り込むソフトを理解に手間取ったことで、下記の第1回目の心電図を見たのは、確か計測してから2,3週間経過した後でした。昨年10月ごろに血圧が安定せず、かかりつけの医者に行った…

私の心臓疾患を治す その1

鍼灸学校に通い始めてから、低血圧だったのがすっかり高血圧になってしまいました。40歳から勤労学生は体に相当負担を強いることになります。それでも根性を入れて負けず嫌いを糧に、3年間頑張りました。結果不整脈は常時発生する状況でした。開業してからの…