不整脈の鍼治療 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の心臓病治療についてお話いたします。

心臓病の鍼治療 パーキンソン病と心臓の関係

 パーキンソン病と心臓の働きを関連付けて解説したものは、過去にはなかったはずです。

パーキンソン病は原因不明なので、結果として脳神経がどのように破壊されているか、結果論しか見当たりません。

したがって薬はあるものの根本治療はできません。

動作緩慢動作が遅くなるなどを改善し、進行を遅らせるだけの効果しかありません。

特に震顫 ふるえについて西洋医学でパーキンソンの解説には、脳虚血によって酸素不足が起こり、その解消のため引き起こされる現象とは語られません。

それよりもドーパミン云々、脳神経の破壊などに説明がなされます。

手のひら先生は治療家なので、経験から導き出すことも重要視する立場です。

東洋医学が実験よりも経験哲学から導きだされた医学なので、こちらから考えることになります。

もちろん現代の膨大な資料や検査機器で調べることのできる西洋医学の成果は貴重で大いに思考の参考にしています。

2000年以上前の解剖学程度では、現代の医学生理学の分析力には太刀打ちできません。

しかしこと治療になるとまだまだ東洋医学もその輝きを失うわけではありません。

ただし使い方考え方の進化進歩はその裏づけとして欠かせませんが。

脳の破壊が起こったとしても、初めからそれがあったわけではなく何らかの原因や遠因が存在するわけです。

その遠因になったものが心臓の不調と思います。

心臓の調整を行った途端、震えが治まった治療例があるからです。

これは一部の医師も仰っているように、脳に酸素が足りなくなると手などを震わせて、酸素を送り込んでいるのです。

それが改善すれば震えは当然治まります。

ただし震えを起こしている張本人は、脳の深部にある視床下核と言うところです。

脳は簡単に血圧を上げたり下げたりして、血流を簡単に改善することはできません。

それでその改善策は中々発見されないのです。

心臓は使っていると何らかのストレスを感じ、4つの部屋の力関係が崩れ血流を滑らかに送ることができなくなります。

エンジンが経年劣化して出力が出ないのと同じです。

人間の場合機械ではないので、10年ごとにオーバーホールと言うわけにはいきません。

それで血流が減るまたは滑らかにならないと、脳はすぐ異常なたんぱく質が発現したり、脳神経の脱落が起こったりします。

その前の危険信号ともとらえることができるかもしれません。

心臓のこのような動きを正常にさせることができるのは、手のひら先生の高麗手指鍼治療だけです。

パーキンソン病治療の一手段として心臓調整は欠かせません。