不整脈の鍼治療 原因と治療

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の心臓病治療についてお話いたします。

不整脈期外収縮治療法の完成です。

鍼治療では二千年の昔から、心臓の気が通る「心経」は使ってはいけない、いじってはいけないという戒めがありました。

昨今はこんなことも知らずに治療してしまう、鍼灸師もどきもでてきたそうですが。

この理由なぜ?を解き明かし、3年前の韓国韓日高麗手指鍼学会で発表しましたが、世界各地からかなりの鍼灸師がいたにも関わらず、な~んの反応もありませんでした。

難しくてわっからなかったのでしょうかね。

それはともあれ私の「手のひら先生スタイル高麗手指鍼」では、いよいよ不整脈期外収縮の治療が完成したようです。ご覧になりたい方は「手のひら先生リウマチ相談室」</a><a href="http://tenohiras.com/cardiac/" target="_blank"></a>に起こしください。

5週間前から治療を始めた期外収縮の患者さんでした。それが5回目に心電図が正常になったところで、治療終了です。実はこんな短期間で少ない回数で正常になったので、心電図をみて患者さんも私も「あっと言ってしまいました」

確かに昨日までは不安定だったが、今日は全く心臓に意識が向かないと言うことでした。が、結果は完治であったのです。

その前の数週間私に不整脈がぶり返してしまい、チョット慌てていました。原因は最初に決めた措置を、ずーっと変えずに行っていたことでした。改めて診断すると、完治手前になっていたのに、最も悪いときの措置をしていたのです。

そこに気づき今は以前より良くなっています。

このことを詳細に分析すると、健康診断で「左室肥大」と診断されていた事にあります。心筋は再生しないという知識も頭に植え付けられていました。そこで左室の壁が厚くなっており、収縮する力が弱くなっているんだ、と言う思い込みがありました。そこが盲点でした。

東洋医学バランスを取る医療技術です。バランスを取ることによって、人間の機能は十分に発揮できるということです。

極端に偏っていた4部屋のパワーバランスは、今や4対1で拮抗することになっていました。これだと不整脈はほぼ起こらなくなります。

それと4部屋のツボの新発見と同時に、そこに信号を送る洞結節 房室結節のツボも発見し、調整することが出来るようになったからです。

いやー!東洋医学って本当に面白いですよね。